家系図

『 先日は車の御守りのパワー入れを執り行って頂きましたが、エンジンオイル交換後は車が更に生き生きと力強くなったように感じられました。
そして先日は星椎先生のコラムで、私のメールを取り上げて下さりまして本当にありがとうございました。
漏れていたN家ご先祖様にとって正に死活問題でした。
待たせてしまったことが本当に申し訳なく思います。
アトランティス協会様からのメールが私に気付かせて下さり、更に新たにN家の除籍謄本が入手できたことでT様と後妻様、そして前妻様のご供養の道が開かれました。本当にありがとうございました。
もっと調査を深めてご供養を進めていきます。
そして除籍謄本の記述の誤り(特に父方Y家)にも対応できる家系図の専門家を今一度探してみます。 』

  

星椎水精氏のコメント

一口に専門家と言っても、出来上がりにはかなり差が出ることもある。特に、家系図作成に関しては、名前や先祖の流れを調べることが目的であるから、そこの意図をしっかりと伝えた方が良い。その際、使用する除籍簿にも、家系図には掲載されない先祖の漏れが多く出てくるので、その点も考慮し、家系図を自分で作り上げてゆくと良いだろう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました