災害

先週11日夜、南太平洋のトンガ諸島でM7,3の大きな地震があった。このバヌアツ地域でM6以上の地震があった場合、日本においても2週間以内に同等以上の地震が起こるというバヌアツの法則があるが、今回もそれに該当する可能性が高い。先日の地震も、間違いなく日本に影響を与えるだろう。特に、仙台を中心とする東北エリア、あるいは茨城を中心とする北関東エリアが比較的危険度が高いといえる。さらには北陸や、プレートの関係上、九州の宮崎、熊本周辺も起こる可能性が高い。
来年にかけ、ハリケーンや地震など、大きな天災が世界中で頻発してゆく。これだけ死者が急増し、人々の波動が乱れ地上が荒れてくると、最早、天変地異は避けられない。未来が見えている先祖たちは、助かろうと必死で末裔にサインを送り続けているが、当の本人たちはレジャーなどで浮かれており、気づく素振りもない。こういった者たちは、このまま先祖共々、共倒れとなってゆくしかない。一見、平和に見えるかもしれないが、その裏では戦争や災害など、危機が確実に迫ってきている。残されている時間は、皆が思っているよりも少ないだろう。
今のうちに、浄霊(先祖供養)を急いだ方が良い。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました