先祖供養に際しての心構え

こちらには連日、感謝のメールや電話が数多く届いている。しかし、中には、先祖供養(浄霊)後も何も感じないし、何も分からなかったという人もいる。これは、本人の考えが、先祖供養の意識に達していないために生ずるようだ。先祖を供養するのに、打算を考えている人には、結果は必ずしも良くはならないし、先祖の素行も非常に悪い。霊感や、或いはそれがなくても、先祖を労わる気持ちが最低限必要なのである。
例えば、自分の両親や祖父母が、病床に伏して苦しんで亡くなった場合、死んでも霊は苦しみ続けている。その先祖の苦しみを理解し、救ってあげようという純粋な気持ちが、先祖供養(浄霊)には必要なのである。
このような気持ちを持たないものがこちらで供養しても、決して続くものではない。浄霊によって成仏が出来ても、本人には感じないように上から操作をされている。心が満たされておらず、先祖供養のレベルには達していないのである。いろんなところへ行き、苦しみ模索しなければならないだろう。やはり、供養は打算ではなくて、本心から先祖を労わる気持ちがあるのかどうかであろう。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました