形式

「 おはようございます。北九州はいかがでしょうか。
葬儀も法要も無事に終わりました。義父の一連の日は穏やかな日に恵まれて良かったと思います。昨日からちょっと荒れ模様の天気です。
私はこのような葬儀に参列したことがなく、ある意味新鮮といえば新鮮、という経験をしました。3人の坊さんでの読経。なかなかに良い声の和尚さん二人がいて、ふーん。結構よいと思った方々が多かったと思います。しかし、これはあくまでもこちらの生きている人たちの感想。当の義父には何のこっちゃ?ぐらいかもしれません。

形式

49日までの1週間ごとにお墓に建てに行くものがあるのですが、寺の住職が家に来てくれるのだそうです。その度にお布施だとか。
一番の可笑しな演出は、式進行の葬儀会社。義父は派手なのが好きだったし、病気だったとはいえ、90歳を過ぎていたので参列者はしんみりという風ではなかったのに、しんみりさ、を演出しようとしているのが滑稽。
もちろん、義父も無念さはあったはず。せっかく帰ってきた長男と言葉を交わすこともできず、直接病院に見舞いに誰も来ず…。
それでも、若い働き盛り、若いこれからがたくさんある人が亡くなったのではないのが大きな理由で、終始穏やかだったのがとてもよかったと思います。
主人と従妹が話していたのは、この従妹の姉で18歳でくも膜下出血で亡くなったMちゃんの葬儀のこと。お母さんが号泣して大変だったと。既に星椎先生からご供養いただいているので、今頃は何のことを学んでいるのか、どうしているのか、と思いました。
こういうことがあると本質が見える、というものです。
義妹一家は形式好きで頭が硬くて、自分でものを考えられない人たちだと露見。その行動は滑稽にも思います。
まずはお金。坊さんとかそういう人は偉いと思っているのか、お帰りになるのをわざわざ外で見送りしたり…。香典が入っている袋を片時も離さずその時も持って行ったりとか。よく言えば、しっかりお金の管理をしていただいていいですね。
しかし、肝心なことはできていない。義妹と娘は父親である義弟をバカにしっぱなし。義妹と娘のあとを義弟はよろよろついていく、っていうことを多く見ました。義弟と言っても歳は私たちよりも3歳上。でも、ずっと年寄りに見える。
比べるってことはないけど、従兄と同級生だってことで、従兄はバリっとしていて余計に感じたかもしれませんね。
でも、義母はこの義弟がお気に入りだし、寄せる信頼は厚い。
私はこの義妹一家を心配はしないけど、みんな2回お注射済み。義弟の一家は看護師でもあるので、既に3回済みのようだから、義妹一家も時間の問題かと。そういう選択をしたのだから、それについてとやかく言うつもりもなく。気づきのチャンスを与えたのにやっぱり無視して自分たちで選択したのだから、どうぞ、ということです。
義妹一家は明日まで義母の家にいるそうですが、マスクを家の中でもしているそうです。
おお、葬儀法要中にマスクなしでいたのは私のみ。主人は喪主のため仕方なく。喪主のあいさつの中で、葬儀会社が考えてくれた原稿は「新型コロナウィルス感染予防のため」だったけど、主人は「新型インフルエンザが流行っているので」としました。2回のあいさつともに。気づいた人はおそらく私のみ。
1回目で何ともないという人たちも危ないそうですね。1回目で免疫を20%破壊し、2回目で50%ぐらい破壊、3回目で残りの%を破壊するように仕組まれたものなので、今後はお注射された人たちはちょっとした風邪でも重篤に、なんでも病気になってそれが重篤になるどころか死に至るのだそうです。
これを選んだのはそういうことになってるというしかない。神への冒涜になるんだけどそういう人たちだから。
義父の病院も変な病院だったけど、打たない選択を尊重してくれたので良し。何よりもこんなに早く星椎先生にご供養を受けていただけることにただただ感謝です。
どうぞよろしくお願いいたします。 」

 

星椎水精氏のコメント

形式好きの人間の特徴としては、無神論者が多く、やはり頭が硬く固定概念で凝り固まっている。そういうものに霊や浄霊の話しをしても、まず理解されない。
日本人は特に形式が好きだが、僧侶の読経も霊に対しては無力である。実際には、霊は棺や僧侶の隣に立って自分の葬儀をぼーっと眺めていたり、物珍しそうに自分の棺の中を覗き込んだりしている。肝心の僧侶ですら、霊の存在に気づきもしないのである。そういったものを有り難がる姿は、滑稽以外の何者でもないだろう。そうして肉体を失った霊は、どこにも行けず葬儀場や自宅の仏壇周りをウロウロすることになる。死んで初めて、自分の思っていた死後の世界が幻想であったことに気づくが、誰も助けてはくれない。そういった霊の集合体が、どこの家にも存在しており、大暴れしているのである。
そう考えれば、浄霊してもらえる先祖は幸せである。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました