先祖が成仏していない家

現在のほとんどの家庭は、先祖が成仏できていない家ばかりである。成仏していない家の特徴は、暗いか、争いごとが多い。あるいは、お金に困っている。それなりに努力さえすれば、最低限の生活と、不満のない家庭となるようだが、その努力の最中に、事故を起こしたり、誰かが病気になったりするようだ。エスカレートすれば、家庭内暴力、いわゆるDVなどに発展してゆく。

周囲を見渡しても、どこもこのような家庭ばかりなので、これが先祖の霊障であるとは気づかないようだ。こういった不幸なことが、我慢すればいつかは解放されるだろうと勘違いをしているものも多い。だが、実際には大半が先祖霊の仕業であることをもっともっと認識する必要がある。そして最後は、自殺者の出る家系となって絶家する。
日本は自殺王国である。特に、若い世代での死因の1位になるほど、自殺が増えている。この異常な事態を、皆他人事のように考えている。自殺は自殺を呼ぶ。いわゆるウィルスのような波及効果があり、今後もさらに確実に増え続ける。この現象は、先祖供養がしっかりとされておらず、先祖たちが成仏できていない家は必ず崩壊するという、先祖霊たちが引き起こす天変地異に他ならない。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました