霊前の涙

葬儀場の祭壇の前や、仏壇やお墓の前で涙を流すことは、誰でも経験があることである。しかし、そこには深い理由がある。霊は、生前の状態に戻る行為を試み、参列に来た人たちにそのイメージを与える。そして、霊の悔しさを悲しみで伝える。この波動は非常に強烈で、生きている人の神経に振動を与える。振動を受けた悲しみの波動は、「涙」となって表現されるのである。
したがって、霊前で悲しいとか涙を流すという行為は、実は霊が成仏していないことを示す一番の証拠なのである。このことをしっかり理解すると、その家や家族のものが成仏しているかいないかが簡単に分かるだろう。法事の時に悲しいと思うのは、まず成仏されてはいないのだと判断できる。
逆に、こちらの先祖供養(浄霊)で成仏すると、悲しみや暗さというのは一切なくなる。先祖供養後(浄霊後)の法事が明るかったり、親族が穏やかだったりするのは、その霊がそういう状態にあることを示している。これも、わかりやすい成仏の判断材料となる。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました