自殺と先祖

自殺は、先祖からの憑依が一番の大きな原因であるが、最近はその連鎖に拍車がかかっている。これも、一つはマスコミの影響が非常に強く、簡単にその場から逃れる方法をマスコミが誘導している。日本人は単純なものが多く、簡単にマスコミの影響を受け、誘導されやすい風潮を持っている。これと呼応して、先祖は人間の世界だけではなく、先祖たちも興味を持ってテレビを見ている。それは見ているだけに留まらず、その行為を末裔に憑依して、実行させているのである。自殺はマイナスの要因を大きくさせ、そのマイナスに弱い神経を同調させるだけで、簡単に自殺に誘導できる仕組みになっている。
この先祖の経緯には、大いなる先祖同士の話し合いの結果生じたのであって、短絡的に先祖は考えてはいない。そのような短絡的な子孫を生ませ、あえて考えさせているのである。
自殺=先祖という構図の深さをもっと真剣に考えなければ、この負の連鎖は断ち切れず拡大する一方である。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました