先祖供養後に頭痛が治った徳島県Mさんからのお礼のメール

『 こんにちは。
すっかり朝晩は寒くなりましたが、皆様お元気でしょうか?
私達はお陰様で元気にしています。
遅くなりましたが、先月のご供養ありがとうございました。
当日は何故かご供養の日程を忘れており、気づいたら夕方でした。
前日迄は覚えており、私の頭は「 ??? 」と言う風になって思わず笑ってしまいました。今でも凄く不思議です。頭痛
前回、姫路さんとお話の時に頭が痛いと言っていましたが、ご供養の2日前から痛みが和らぎ、ご供養の日は頭が痛かったことも忘れていました。
今も頭痛はありません。ご先祖様からのお知らせだったのですね。すっきりした気持ちで晴れ晴れしております。
この度のご供養もありがとうございました。
星椎先生のお力に助けて頂けた事、 姫路さんや、緒方さん、アトランティス協会の皆様に支えられている事に感謝と共に、ありがたいとしみじみ思います。
ありがとうございました。 』

星椎水精氏のコメント:
このように、供養前の頭痛が、浄霊後にはすっきりしているのをみてもわかるように、先祖は様々な方法でサインを送っている。
頭の痛みとあるが、生きている人間にとっては短い時間でも、先祖はその何倍もの痛みを抱えたまま苦しんでいる。その先祖霊も、浄霊し成仏しない限り、苦しみから解放されることはない。まだまだ、自分が良くなるために供養を考えるものがいるが、先祖たちの状況が理解できれば、先祖供養(先祖の浄霊)というものが、先祖のためのものであることがよくわかるはずである。そして、申し込みも自然なものとなってゆく。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました