先祖供養をした岩手県Мさんの体験談

『 星椎先生、アトランティス協会の皆様へ

先日はご先祖様のご供養を執り行っていただきまして誠にありがとうございました。当日瞑想することは出来ませんでしたが、ご供養の日が近づいてくると、私もそわそわして緊張感が伝わってきたのを覚えております。そしてご供養の日ですが、夕方か私が落ち着いた頃に、フワッと私の気分が良くなりました。またその時、私は音楽を聞きたくなり、普段はあまり選曲しない穏やかで心地良い音楽を好んで聞きたくなりました。その音楽をリピート再生で聞いておりました。そしてそれは、私がご先祖様の今日のご供養はどうだったのかなと思った時だったので、私のこの気持ちがご先祖様のお気持ちを表しているのだな、間違いないな、と確信いたしました。その時、抽象的ですがご先祖様のニコニコの笑顔と感謝のお気持ちを感じ取ることが出来ました。無事にご供養(成仏)出来たことを私も嬉しく思います。

この度は、ご先祖様のご供養を執り行っていただきまして誠にありがとうございました。これからもご先祖様のご供養を続けて参りますのでよろしくお願いいたします。  』

 

星椎水精氏のコメント:

末裔が浄霊と真剣に向き合っていれば、先祖は安心し、落ち着いてくる。そして、映像や言葉だけでなく、成仏できたことを様々な形で知らせてくれる。ただ、受け取る側の肝心の末裔が欲深いと、それがフィルターとなり、感じ取ることも難しくなる。本当に成仏した時は、このような安心感や充足感に満たされる。末裔自身の穏やかな気持ちは、先祖の状態を表しているといえる。

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました