先祖供養をされた愛知県Mさんからのお礼のメール

『 星椎先生、アトランティス協会の皆様へ
先日はご先祖様のご供養を執り行っていただきまして、誠にありがとうございます。
当日は仕事で瞑想することは出来ませんでしたが、浄霊のお時間近くになると私もそわそわして、待ち遠しい気持ちと緊張感がありました。
K様も同じ気持ちなのだろうと感じました。その日の午後に温かい気持ちを感じたので、K様が無事供養(成仏)されたことと、現在のお気持ちや感謝のお気持ちの表れだろうと直感しました。
今後も、ご先祖様のご供養を進めて参りますのでよろしくお願いいたします。
改めて、この度はご先祖様のご供養を執り行っていただきまして、誠にありがとうございました。私もK様もとても感謝しております。ありがとうございました。 』

星椎水精氏のコメント:
このそわそわとした待ち遠しい気持ちは、まさしく先祖の気持ちに他ならない。どれだけ先祖が成仏を待ち望んでいたのかがよくわかるだろう。世界中のどこを探しても、このような気持ちになれる供養はない。既存の宗教における生きている人間の自己満足の供養では、成仏など不可能である。先祖がただ一つ望む成仏を叶えるのが、本当の先祖供養なのである。霊界という新天地に赴く前の期待と緊張が伝わってくる。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました