優先順位

先祖霊たちが霊障と称して憑依する原因の一つに、末裔のお金の使い方がある。一般的なお金の使途の一番は、先祖に対してではなく、マイホームや旅行、車など自分たちの贅沢であり、その後には全く何もない。特に若い女の子は、おしゃれや自分の道楽に費やしてしまう。これでは、先祖も怒り狂ってしまうと言うものだ。従って、遊びに夢中になるものを中心に事故や病気の準備がされている。先祖同士が話し合って、事故を起こす予定である。昨今に起きている悲惨な事故も、いい年齢のものが死亡している。彼らの家では先祖が大暴れしているのである。死んだものたちは、今後は本当の供養もされず、長く暗い幽界をさ迷うことになるだろう。

我々は、先祖を助けると宣言して生まれてきている。それを忘れ、自分たちのことばかりを優先していると、必ず先祖の復讐に遭う。くれぐれも、順番を間違えてはいけない。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました