お墓参りで成仏した先祖の安心感を感じた岡山県Yさんの体験談

『 アトランティス協会様
猛暑が続く中、やっとの思いで夏休みを迎えることが出来ました。
墓参では星椎先生から浄霊して頂いたご先祖様の安心感が伝わってきました。それぞれの墓前で合掌して感謝しました。
今年は猛暑のためかヤブ蚊が殆どいなかったことにも助けられました。
今回は初盆となるE様とT様のお墓、父方祖母方N家のお墓を初めて訪問しました。
E様の墓所は昔からの墓地が多い山中の共同墓地にあります。
駐車場が余り広くないので朝早くに出掛けました。
誰が捨てたのか駐車場の片隅がタバコの吸い殻や空のペットボトルなどゴミだらけで現地の荒廃ぶりが気掛かりでした。
一方で伯父さんの墓前では、「よく来て下さった!」と伯父さんの笑顔が脳裏をよぎり不思議な落ち着きを感じました。
U家の墓所は見晴らしが良い高台の墓地にあります。
父親と母親及び母方T家の墓参を終えた後に向かいました。
天気が良かったので向こうに広がる水島工業地帯の工場群、更に向こうにある四国香川県側の山々が見えました。
星椎先生によって浄霊して頂けた伯父さんと伯父さんのご両親の喜びの表れのような陽気でした。
N家墓所の場所は父方実家当主のおじさん(従兄)からお寺の墓地の入り口付近にあり、近年に石塔を新しくしたと聞いていました。
お寺の山門から墓地に入り墓所を探しましたが、同じN姓の墓所があちこちに何カ所もあって正直難航しました。
この地はN姓が多いのでした。
成仏出来ていない方から憑依されたらどうしようかと心細くなってきたとき、ようやく墓所が見つかりました。
コンビニで買ったミネラルウォーターを花立てと水溜に注ぎ合掌しました。
何だか感無量な心境になって心が満たされました。
帰路の運転中、軍服姿で引き締まった表情の青年と寄り添う着物姿の若い清楚な女性が脳裏をよぎり、「折角ここまで来て下さったのに、どうして憑依などさせられましょうか。」のように聞こえました。
改めてご先祖様とのつながりを実感して嬉しくなりました。
地理的に十分近い父方実家でさえN家と一時疎遠になっていて、当主のおじさんが法事に招かれたときには浦島太郎な心境だったと聞きました。
両家ともご先祖様が荒れていて疎遠になり、今日までに星椎先生から浄霊して頂けました両家のご先祖様によって再び導かれました。
本当にありがとうございました。 』

星椎水精氏のコメント:
「・・成仏出来ていない方から憑依されたらどうしようかと・・」とあるように、特にお盆やお彼岸の時期は、成仏できていない霊たちがお墓の周辺にウヨウヨし、憑依する機会を窺っている。オーラの薄い人や霊媒体質の人、さらに子供などが霊障の影響を受けやすので、注意が必要である。特に、夕方など薄暗くなってからは、足を踏み入れない方が良い。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました