食道破裂で亡くなった先祖の憑依を受けた、埼玉県Aさんの体験談

『 おはようございます。
星椎先生をはじめ、アトランティス協会の皆さま、先月は私の主人の義叔母の浄霊を執り行っていただきまして、誠にありがとうございました。
浄霊のご報告のお手紙も届いております。
無事に成仏されたようで、安心しました。
いつもありがとうございます。
また、今月の会報に私の体験談を載せていただきまして、ありがとうございました。
義叔母はやはり突然死の部類に入るのですね。
先週、私は参加しませんでしたが、義叔母の四十九日の法要が終わりました。
主人や主人の母の話を聞いていて、特に暗い感じや殺伐とした雰囲気は感じなかったので、星椎先生に浄霊していただいたお陰かと感じ取る事ができました。
今回、義叔母の浄霊をお受けしていただいた日の夜だったと思いますが、私が布団に入って寝ようとした時に、食道の辺りを「ぎゅーっ」と何かに押されるように嫌な痛みと気持ち悪さに襲われました。
あとから考えたら、義叔母は食道破裂で亡くなったので、その苦しみを伝えにきたのだろうと思いました。
もし、星椎先生に浄霊していただけなかったら大変な事になっていただろうと思いました。
昨年はワクチン接種の影響からか、自然死ではなくて、突然死をしている人が膨大な数にのぼっていると思いますが、そのような亡くなり方をした人を放置しておく事がどれだけ危険な事なのか、想像するだけで気が重くなってしまいました。
これからますます厳しい現実が待ち受けているかと思いますが、周りに流されずに、これからも先祖供養を頑張りますので、どうかご指導をよろしくお願い致します。
この度は誠にありがとうございました。 』

 

星椎水精氏のコメント:

今回、突然死した先祖の憑依がわかりやすい形で現れたようだ。先祖たちは、霊感のない身内よりも、わかってくれるものを頼り、憑依してゆく。そこで浄霊すれば問題ないが、ほとんどが気づかず放置したままである。そして、そのうち先祖と同じ病気にかかり、遺伝として処理し、いずれ自分も成仏できない先祖の列に加わってゆく。特に、突然死の場合、自分が死んだこともわからず、亡なったばかりでパワーも強いため、早く浄霊した方が良いだろう。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました