頭痛と先祖供養

頭痛
頭痛に悩むある女性がいた。彼女は首から後頭部にかけて締め付けるような痛みを感じたため、脳腫瘍やくも膜下出血など、命にかかわる病気を心配し、脳神経外科を受診した。しかし、検査では何も異常はなく、緊張性の頭痛と診断された。ところがその後、残業続きになってから、痛みの回数が急に増えたという。
そのため薬に頼る頻度も多くなったが、今ではほとんど効かなくなっているとのことである。
こういった慢性の頭痛は、今や3人に1人がかかっているが、ほとんどのものが病気としか捉えていない。このような原因がはっきりとしない頭痛の人を凝視すると、先祖霊たちが頭を締め付けているのが分かる。それも一体や二体ではなく、数百以上の先祖霊たちが襲っている。先祖たちは共同で末裔の頭を締め付け、困らせているのである。「これだけしてもわからないのか!」と声をかけて締め付けているが、このような状態でも分かってもらえない時には、脳腫瘍や脳梗塞にエスカレートする。そのような最悪の状態になる前に、先祖供養(浄霊)を急いで行う必要がある。簡単に考えているが、目に見えない霊の怖さを侮ってはならない。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました