踏切での事故

踏み切りでの事故は、現在多発している。飛び込み自殺や、朦朧とした意識のまま踏み切りに入り、そのまま事故で死ぬケースが多々ある。これらの死んだものたちは、踏み切りに佇んだり、霊媒体質や意識の弱いものたちに憑依する。自分のことばかりを考える現代人は、その神罰として、先祖からの推薦でこのような事故に遭わされてしまう。
この数年では、特に20代女性の自殺が増えている。目標を失った若者は、この厳しい社会では不要となり、生きるためのエネルギーを先祖や浮遊霊に奪われ、あっという間に死亡し、浮遊霊と成る。このような浮遊霊は、いずれ枯葉のようになり、消滅する。転生は誰にでもあると思うだろうが、数多くの先祖供養(浄霊)をしてゆく中で、霊界へ入れるのは、ほんの一握りしかないようだ。先祖供養(浄霊)によって、地上や幽界からの脱出をしたものの、大半が来世は下等動物か、あるいは消滅する魂となってしまう。
霊界へ行く魂は、相当の慈悲深い人だったか、努力を重ねて人からの恩恵を授かった人だったかのどちらかである。それ以外は、大病をするか、踏切事故に遭うか、借金まみれになるか、いずれも良いことはない。先祖のことを考えないものが、成功することはない。たとえ成功しても、持続はしないだろう。
電車の運転士が居眠りや事故を起こすのは、踏み切りで亡くなった霊による憑依が大きな原因である。この場合も、先祖をないがしろにした罰が回ってきたと判断することが正しい見方である。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました