親族との兼ね合い

親や兄弟、親戚など血縁関係にあるものたちを、本当の身内であると考えてはいけない。確かに血は繋がっているけれども、それは表面的なことでしかない。親兄弟と言えども、仇(かたき)のために身内になったことも、実際に多々ある事実である。この仇同士とは厄介なもので、その家をよくさせまいとするため、先祖供養(先祖の浄霊)をする時に大きな障害になっている。こちらに相談し供養をする直前になり、身内の誰かが大反対をする。そこで、二度とこちらでの供養が出来なくなるどころか、普段の生活まで監視されるに至ったケースもよく聞く話である。賢い人は、反対されるのを危惧し、誰にも何も告げずコツコツと行っている。そうして浄霊を続けてゆくうちに、家庭の環境が良くなり、明るくなってゆく。
身内といえども魂は全くの別物なので、自分以外は浄霊は理解できないと考え、黙々と供養を行った方が良いだろう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました