当事国

今回のウクライナ戦争において、日本の立場がかなり危うくなってきている。そもそも日本は、全く関係のない国でありながら、ウクライナに対し防弾チョッキなどの軍事支援を行い、ロシアには経済制裁を行ってきた。これはロシアから見れば、敵を応援し、さらには外交官を追放するという、日本による一方的な敵対行動になる。これまでに日本がロシアに対して行ってきた経済制裁や軍事支援は、実は国連の決議なきものである。つまり、日本が勝手に行ったということになる。アメリカに言われるがままにしてきたことが、実際にはロシアに対して宣戦布告に近いことをしたことになり、いつの間にか日本は当事国となり、日本の危機が高まっているのである。日本のNATO加盟の話もあったが、そのようなことをすれば、中露を刺激し、日本が戦場となってしまう可能性がより高くなってしまう。これは、ロシアが一方的に悪くウクライナが可哀そうという、マスコミの感情に訴えかける手法によって、テレビの言う事を信じ民衆が導かれた結果である。この深刻な状況を、殆どのものが理解してはいない。
以前から言っているように、現在は戦時下である。普段、あれだけ戦争反対と言っている野党は、気味が悪いほど沈黙している。最早、戦争は対岸の火事ではなく、日本も非常に危険な状況であることを認識する必要がある。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました