先祖の霊障の判断

霊障を判断するのに一番分かりやすいのが、ペットの状態である。最近では、ペットを飼っている家が非常に多いが、どの家のペットも何かしらの異常を常に抱えている。その主な症状としては、糖尿病やガンなど先祖と同じ病気や、皮膚病、異常な行動、訴えるような声、常に吠えるなどである。これらは、完全に先祖霊の憑依に他ならない。先祖の浮かばれていない霊たちは、ペットを家族の一員とみなして可愛がろうとするが、ペットにとってはとても迷惑なことで、霊障によって異常な状態になり、最期は病気を起こして早死にをするようだ。特に、家の中で飼われている子犬などは、その症状が顕著である。このようなことを参考に、家の状態を見ると良いだろう。先祖供養(浄霊)がしっかりと出来ている家は、ペットは病気や異常行動をすることもなく、毛並みも良く、すこぶる健康で長生きである。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました