交通事故

『 (中略)
それから、今週の火曜日に息子が接触事故を起こして来ました。被害者です。
息子がバイトへ向かう途中、優先道路を走行していて、五差路の交差点に差し掛かったところで、左側の車はもちろん停止中、しかし右側から車が出て来て驚いて左にハンドルを切ったけど、なぜか相手がズンズン向かって来て、当たってしまったようです。
「あれは無理だってー。こっちが左にハンドル切って避けても、相手は、ブレーキ踏まない・右に少しでもハンドル切ってくれたら当たらないのに、ズンズン向かって来るんだよ。ムリ・ムリ・あんなの絶対ムリだよーーー。」と。
車は、ナンバーとバンパー・ボンネットがちょっと凹んでしまいました。
相手は、左前方凹みと左側ドアが開かないと言っていたようです。
60歳前後の女性で、普段は運転をほとんどしないペーパードライバーのような方でした。
とにかく、何が悪いかさえ解っていません。
「いつもは電車で、運転はしないんです・たまたま運転してと泣いて、ごめんなさい。ごめんなさい。私いつもは運転しないんです。一時停止して出たんです。」の繰り返しでした。
最後には警察も、相手の方に、「左右見てないでしょ。左右見てあなたが動かなければ、ぶつかりません。あなたが悪いです!」とハッキリ言ってくれました。

息子は、ぶつかる瞬間に「じーちゃん!」とよぎったそうです。
「じーちゃんここまで来てたよー」
この話、書いてよーと息子に言われて書いています。
いろいろな事が起こりますが、大きな事故でもなく、怪我が無かったのが何よりです。
車はチョット入院となりましたが、じーちゃんの形見車なので直して乗りたいと言うので、修理して貰う事にします。 』

  

星椎水精氏のコメント

警察官がこれだけはっきり言うのも珍しい。余程、相手の態度が悪かったのだろう。見た目とは裏腹に、性質の悪い人間も多いので、ドライブレコーダーによる防御もますます重要になってくる。
今回は、浄霊された祖父が一生懸命に守ったようだ。仮にこちらも浄霊していなかった場合、双方の霊障により大事故に発展していたに違いない。浄霊をしっかりしていれば、オーラも厚くなり、同時に先祖の守りも受けやすくなる。このような加護は、お金では手に入らない非常にありがたいものである。良い供養をしているかどうかは、このような結果が教えてくれている。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました