リウマチ

『 アトランティス協会の皆様、いつもありがとうございます。
先日、お電話でもお話しを聞いていただきましたが、最近起きた不思議なことについて連絡させていただきます。
私がリウマチと診断されたのは約10年前。父方のスーパー浄霊をしていただいてから、目の前の事しか目に入らず、ご供養から遠ざかっていたころ発症しました。でも何故か、免疫抑制剤を飲む気にはなれず、漢方やサプリなど自然の力で、痛みを和らげるような方法で、過ごしてきました。最近になって、ご供養の方法も改めてご指導いただき、ご供養をお願いすることができました。ご供養をお願いするにあたり、ご先祖の方々のお名前を入力している際は、首や肩、背中、手首などあらゆる関節が痛み、腫れていました。長い間待っていただいたご先祖様の中に、私と同じような病気を抱えていた人がいたのだろうと、感じました。ご供養をしていただいてから、少し肩の荷がおりたような気がしました。その頃から少しずつ痛みがマシになっていったのですが、今までも痛みがマシになったり、強くなったりを繰り返していたため、あまり気に留めませんでした。その頃、大阪に住む一人息子から、東京で仕事してみようかな、と言う相談を受けていました。本心は、関西にいて欲しいと言う気持ちもあったのですが、子供がやりたい夢もあるだろうと、反対はしませんでした。そして2ヶ月後には東京に行く、と言う頃、私は仕事場で突然の頭痛、発熱があり、会社を早退したのですが、翌日には、頭痛は激痛になっており、嘔吐を繰り返し、緊急入院となりました。ペットを飼っているので、その子たちの面倒を見てほしいと、息子に連絡すると、仕事を早退して帰ってきてくれました。病院であらゆる検査をしましたが、原因がわからず、その上リウマチと診断されていた、炎症反応もなくなっていたのです。病院の先生は頭を抱えるばかりで、炎症反応は無いんですが、小さな脳膜炎でも起こしていたのでしょう、との曖昧な診断でした。
結果、子供は私のことを心配して、関西でとどまることになり、私の体からはリウマチと言う診断結果は出ませんでした。ただ10年と言う長い間、炎症反応が高かったため、関節が硬くなり、正座ができてなかったり、筋力が落ちていたり、少し不便が残りますが、精密検査上は何も異常はなく、健康な体を取り戻しています。
皆さんの体験談でガンが消えた、病気が治ったなど、様々な体験談を読ませていただきましたが、まさか自分のリウマチの病気が治るなんて、思ってもいませんでした。私が息子に対して自分の気持ちを言葉に出さなくても、ご先祖様は違う形で息子に伝えてくれる。ご供養をお願いするための健康な体を与えてくれる。本当にありがたい体験をさせていただきました。もし私がアトランティス協会にたどり着くことができず、ご供養をお願いすることができていなかったらと考えると、とても怖くなります。これからも少しずつ、私なりに頑張っていきたいと考えています。どうぞこれからもよろしくお願いします。 』

  

星椎水精氏のコメント

先祖の浄霊により、リウマチが完治したことは大変喜ばしいことである。メールを見れば、いかに多くの先祖が憑依し訴えていたかがよくわかるはずである。ようやく分かってくれた、という先祖の安堵の気持ちが伝わってくる。似たような体験談を、霊能者や宗教団体でもあるようだが、どれも嘘くさいという意見が多い。根拠がはっきりしておらず、なぜそうなるのかの理屈が曖昧なのである。対して、こちらに寄せられる体験談は、どれも加工のない真実の声である。だからこそ、読む人の魂に響き、共鳴し、感動するのである。最初から病気を治すためであれば、良い結果には至らなかったであろう。先祖の窮状を理解した人助けという無欲の心に、先祖が力を貸してくれた結果となった。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました