先祖供養で幸せを実感している大阪府Tさんの体験談

『 星椎先生、アトランティス協会の皆様
先日は、ご先祖様の御供養、誠に有難うございます。
今回も、とても良いお天気で、喜んで頂いているんだなぁと思っていたら、おかしなことが、ありました。
1週間ほど前に、時給が上がるとの通達がありましたが、御供養当日、それがなくなったと、また通達がありました。残念でしたが、皆、同じなのでそこまでショックでは、ありませんでした。
あれ?これは、ご先祖様が霊界に入れなかったとか、そういう事なのかな?とも思いました。
ただ、その話しの間、ゆっくり休めました。
御供養の前日は、久しぶりに主人と美術展へ行く事が出来て、気に入った本が何冊も買えて、とても良い日でした。もっと一日一日大事にしたいなぁと思えるような、絵本です。
そして、今日も、きれいな蝶や、蜂が庭に飛んでいるのを眺めて、楽園だと思いました。母親が、タケノコ掘りをして欲しいと言っていたので、近くまで掘りに行きました。母親の借りている畑から、ニョキニョキ出ていました!しかも、三つ子のタケノコまでありました!母親が、こんなの初めてだと言ってビックリしていました。今日掘ったタケノコは、全部母親の姉に、送る事にしました。
こんな毎日を送れて、本当に本当に幸せです。いつも本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、よろしくお願いいたします。 』

星椎水精氏のコメント:
この人のように、日常で幸せを実感できている人が、果たしてどれだけいるだろうか。お金や人間関係に振り回され、不平不満を口にするものばかりである。あるいはお金があっても、精神的に満たされていないというものも多い。ほとんどの人は、これらの不満が、先祖からきているものとは露とも思わない。背後に控えている先祖たちは、何もしてくれない末裔に対し、同じように強烈な不満を抱いている。
だが、先祖のために一生懸命に供養をしてゆくと、応援へと変わる。そして、それが日々の充実感へと変わってゆくのである。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました